MMOのアップデート

主にパソコン上でプレイされるMMOは、一般的な家庭用ゲーム機のソフトとは違います。もちろんパソコンとゲーム機にはスペックの差がありますから、扱えるゲームの方向性や販売対象が違うのは当然のことですが、なによりも違う点は、パソコン上で遊ぶことができるMMOは、インターネットに繋がれているということです。

そしてそれを活かしているのがオンラインゲームという、仮想空間に多人数が集まって遊ぶゲームなのです。

さらにはインターネットに繋がっていることを活かして、ユーザーが遊びやすいように、楽しんでもらえるようにコンテンツを修正していくことができます。つまりそれが、MMOのアップデートです。

アップデートは主にメンテナンス(定期含む)中に行われます。

アップデートと内容としては、一部に偏っているゲームバランスの修正、新しいゲームシステム、コンテンツの追加(例えば武器、スキル、マップなど)、ユーザーのプレイ中に発生したバグの修正などです。

ゲームシステムの追加、大幅なゲームバランスの修正、調整などを行うアップデートは、大規模アップデートなどと呼ばれ、ゲームを管理する運営会社が特別な呼称を用いることも多いです。

バグの修正などに限定された小規模なアップデートは、あまりユーザーの気を引かないようで、基本的にメンテナンスと同等のものとして扱われます。

MMOはアップデートを行うことにより、ゲームシステムを常に改善し続けることができ、つまりはユーザーにより楽しんでもらえるコンテンツを作り続けていることになります。

プレイヤー側としても、ゲームに新しい要素が加わることで、より新鮮に、よりおもしろくプレイすることが期待できます。アップデートは基本的に運営側が行い続けるものなので、MMOが終わらないゲームだといわれるのも、この点にあります。

最近では、ネットワークに接続できる家庭用ゲーム機(PS3など)でも、インターネットに接続することができれば、ソフトウェアをアップデートすることができ、より完成度の高いコンテンツを、ユーザーはプレイすることができます。

ただし、家庭用ゲーム機におけるソフトウェアアップデートは、主にバグの修正を目的としており、ゲームシステムの追加などを行うパソコンのMMOとは若干異なっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。