MMOのジャンル

MMOといえば、MMORPGが一般的ですが、無料系のMMOが増加したことにより、MMOのジャンルも多彩になってきました。今回はMMOのジャンルについて少し紹介していきたいと思います。

やはりなんといってもMMOといえば、RPG的要素が強いMMORPGが主流です。RPGとはロールプレイングゲーム(Role Playing Game)のことで、家庭用ゲーム機などでプレイしたことがある方も多いと思います。

RPGはすなわち役割を演じるゲームであり、前線で戦う戦士、後方から支援する回復役(ヒーラー)、あるいは多くのメンバーを統率するギルドマスターといったように、非現実世界、仮想現実世界での役割をを演じるゲームであるといえます。

最近、MMOのジャンルの中で多くなってきているのがアクションMMOです。

アクションゲームとはいっても、家庭用ゲーム機のそれとは違い、MMORPGにアクション的な要素を取り入れたものを指すことが多いです。主に戦闘をアクション的にすることにより、戦闘行為の飽きを軽減させ、よりアクション性の高いPvPを実現できます。

MMOを大別すると、概ねシリアス系の作品か、カワイイ系の作品に分類できます。

シリアス系のMMOは、グラフィックにこだわり、壮大な世界観を提供するMMOなどが多いです。システムを充実させた作品が多く、いわゆる本格派のMMO作品といえばシリアス系といった感じです。

対してカワイイ系のMMO作品は、システムの充実などではなく、主にアバター機能、コミュニケーション機能を充実させたまったり系のゲームに仕上がっています。真剣勝負でゲームを楽しむというよりは、まったりと友達同士で遊ぶことを重視、尊重したゲームという感じでしょうか。

最近では、過去に家庭用ゲーム機に発売されていた作品のMMO化なども珍しくなくなってきました。ファイナルファンタジー11を始め、信長の野望、女神転生、ウィザドリィーなど、なつかしのタイトルが次々とMMO化されています。世界観は昔の作品そのままに活かされていることが多いので、ユーザーとしても遊びやすく、人気の要因になっていると思われます。

MMORPGの多くはファンタジーの作品ですが、変り種の作品として、ロボットなどが登場するSFや、近未来ものの作品なども存在します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。