CPUがオンラインゲームに与える影響

オンラインゲームをプレイする際には、パソコンのスペックがゲームのパフォーマンス、動作に影響することがあります。今回は、CPUの性能がオンラインゲームのプレイに与える影響についてです。

CPUとはCentral Processing Unitの略です。日本語でいうと中央処理装置になります。

CPUを簡単に言うと、パソコンの脳です。

パソコンの頭のよさ、つまり物事の処理速度、計算速度に影響します。もちろんCPUの性能はオンラインゲームでも重要です。

CPUの性能の差は、そのままオンラインゲームの処理の早さに影響します。

CPUの性能がよければ処理速度が早く、処理落ちなどが少なくなることが期待できます。逆にCPUの性能が低ければ、処理速度が遅く、ゲームによっては処理落ちに悩まされることもあるということです。

CPUの代表的なメーカーといえば、なんといってもintel(インテル)ですが、最近ではAMD社も有名になってきました。AMDはCPUとGPU(簡単に説明すると、グラフィック用のCPU)を一緒にしたAPUなども出しています。

オンラインゲームをプレイする上で、より快適にゲームをプレイするためには、性能のいいCPUがあると便利なのは間違いないですが、オンラインゲームにおける重要性は、グラフィックボードに比べるとそれほど高くはなく、そこそこのCPUがあれば、大抵のゲームが遊べると思われます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。