AMD社製CPU

最近伸びてきているのがIntelのライバル、1969年創業のアメリカメーカー、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices)、AMD社です。

AMD社といえば、なんといってもRadeonというグラフィックボードで有名ですが、一昔前はAthlonというCPUを作成していました。

最近では、CPUとGPU(グラフィック専用CPU)を一緒にしたAPUを発売。特に2011年に発売されたAシリーズの登場で、一躍有名になった感じがあります。

AMD社製のAPU、Aシリーズはクアッドコアが多いです。

Aシリーズはクアッドコアを使った総合的な性能はそこそこ高いのですが、ターボ機能がついているとはいえ、一つ一つのコアは物足りない印象です(管理人体験談)。

それでも最近は、CPU部分も改善されてきているようなので、今後のAMD社の技術力に期待したいところです。

実はこのクアッドコアというのがなかなか曲者で、クアッドコアCPUに対応していないパソコンゲームの場合、コアの一部しか機能しないため、完全な性能を発揮できません。

今後クアッドコアCPUに対応したパソコンゲームは随時出てくると思いますが、現状では少し注意をしておいたほうがいいかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。