クアッドコアCPUの注意点

クアッドコア(Quad Core)CPUとは、コアが四つあるCPUのことをいいます。

コアが複数あるということは、単純に一つのCPUの中にCPUが複数個あると考えてもらうとわかりやすいと思います。デュアルコアであればコアが二つ、クアッドコアであればコアが四つです。

基本的にコアが増えるほど並列処理が得意になり、パソコンで複数のアプリケーションを同時に使用する場合などに真価を発揮します。

コアを増やすことでCPUの本来の性能は分散されますが、並列処理の能力は向上するわけです。

しかし、この機能がパソコンゲームでプラスに働くとは限りません。

クアッドコアCPUに対応していないゲームでは、クアッドコア全体の能力を発揮することができず、むしろ全体の総合的な性能が高いにもかかわらず、デュアルコアのCPUに劣ることもありえます。

クアッドコアはコアを分散することで並列処理を重視しているので、一つ一つのコアの性能はあまり高くないためです。

実際にはターボ機能という、一つのコアに集中してCPUの性能を高める機能もあるのですが、それに頼るぐらいなら、初めからデュアルコアCPU搭載のパソコンを買ったほうがいいような気もします。

もちろん、今後クアッドコアに対応したパソコンゲーム、オンラインゲームも増えていくと思うので、その点は期待してもいいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。