Intel HD Graphics

Intel HD GraphicsはIntelが開発した内臓グラフィックス。2010年にIntel HD Graphicsが登場して以来、次々と新製品が登場しています。

内臓グラフィックスとは、オンボードグラフィックとも呼ばれます。高負荷のパソコンゲームをプレイする際などには、グラフィックを専用に処理するグラフィックボードがあることが望ましいですが、低負荷のパソコンゲーム程度であれば、パソコンに内蔵されているグラフィックスでも十分にプレイすることができます。これは内臓グラフィックスが搭載され、ある程度のグラフィック機能を兼ね備えているからです。

Intel HD Graphicsは、内臓グラフィックスの中でも代表格で、過去の内臓グラフィックスには考えられなかったような進歩を遂げています。

昔は内臓グラフィックスではほとんどのオンラインゲームは無理とされていましたが、Intel HD Graphicsの登場で、内臓グラフィックスでも、十分にオンラインゲーム程度であれば楽しめるようになったのです。

最近のMMORPGなどであれば、Intel HD Graphicsでも問題なくプレイできることでしょう。

ちなみにIntel HD Graphicsは、Intel HD Graphics3000ぐらいから性能が大幅に向上していますので、できるだけ最新のIntel HD Graphics製品が搭載されたパソコンのほうが望ましいです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。