内蔵グラフィックス

内蔵グラフィックスとは、グラフィックボードを別に用意することなく、パソコンにグラフィックス機能を内蔵して機能させること。オンボードグラフィックスとも。

一昔前であれば、内蔵グラフィックスでネトゲをプレイするなんて無謀だと思われていました。しかし、最近ではIntl HD Graphicsの活躍により、内蔵グラフィックスの地位が向上しつつあります(それでもいまだに内蔵グラフィックスを批判する方は多いですが)。

内蔵グラフィックスはなんといってもコストが安いです。

グラフィックボードを搭載したパソコンとなると、デスクトップもノートPCも割高になってしまいます。

最近になってようやくグラボ搭載でもお手ごろにはなってきたものの、コスト面ではやはり内蔵グラフィックスが目立ちます。

内蔵グラフィックスはインターネットをしたり、動画を見たりするための最低限のグラフィックス機能だったのですが、最近では内蔵グラフィックスのスペック向上により、内蔵グラフィックスでパソコンゲームを楽しんでいるユーザーも増えているようです。

もちろん、内蔵グラフィックスは本格的なグラフィックボードに比べれば性能面では劣りますが、最新の要求スペックの高いパソコンゲームを高画質でプレイしたいというのでなければ、オンラインゲームや、一昔前のパソコンゲームであれば問題なく動作するレベルにはなっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。