メインメモリがオンラインゲームに与える影響

メインメモリの容量は、CPUやグラフィックボードの性能などに比べると、あまりオンラインゲームに影響を与えることはありません。しかし、当然のことながら、メインメモリの容量は多いに越したことはないです。

CPUを作業を処理する「脳」だと仮定すると、メインメモリは作業を行うための「机」です。メインメモリが大きければ大きいほど作業はやりやすくなりますが、小さいと作業に支障が出てきます。

最近のパソコンではメインメモリが4GB、8GBが多いようです。基本的には4GBもあれば、大抵のMMOは問題なくプレイできると思いますが、快適にプレイしたいという気持ちが強いのであれば、8GBのパソコンを購入する選択肢もありだと思います。

メインメモリは購入後に、メモリを自分で購入して増設することもできます。その場合は空きスロットや、どのスロットに何GBのメモリが刺さっているのかなどを事前に確認しておく必要があります。

さらには、メモリには対応機種がある場合があるので、自分のパソコンを増設する場合にはどのメモリが対応しているか確認する必要があります。

メモリを自分で増設した場合、パソコンの保証期間内であっても、保証が受けられない可能性がありますので、その点は自己責任で行うことになります。

メモリ増設でリスクを負いたくない場合は、パソコン購入時に事前に大き目のメモリ搭載のパソコンを購入するのが無難かもしれません。ちなみにメモリ増設の方法は簡単です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。