アイテム課金とは

アイテム課金とは、現実のお金(リアルマネー)でゲーム内のアイテムを購入できるシステム。つまり有料コンテンツの購入。

最近のオンラインゲームは基本プレイ料金が無料の作品が多いです。そのため、なぜ無料でゲームが遊べるのかと思った方も多いかもしれません。ゲームが無料で遊べるのは、実はアイテム課金という制度を使っているからなのです。

アイテム課金とは、ゲーム内で使うことのできる有利なアイテムを、電子マネー決済などを使って、現実のお金で購入することを言います。

基本プレイ料金無料というのは、このアイテム課金を行わなければ、ゲームに課金(支払い)をする必要がなく、無料で遊べるということなのです。

もちろんアイテム課金は、有料で購入するコンテンツですから、特別なアイテムなどが準備されています。

通常のプレイをしていると絶対に手に入らない武器、防具や、アバターアイテム、取得経験値が増加するアイテムなど、販売されているアイテムはさまざまです。

オンラインゲーム運営会社は、プレイヤーにアイテム課金を行ってもらうことで、収益を得て、ゲームを運営していくことができます。

アイテム課金は、現在さまざまなオンラインゲーム運営会社で取り入れられています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。